【ビスタプリントのフォトブックのオススメポイント】フルフラット・ハードカバーでは抜群のコスパの良さ!

ビスタプリントは高品質低価格で人気のフォトブックです。写真の配置やデザインを自由に編集できる多彩な編集機能や、フラットに開くしっかりしたハードカバーの製本が特徴です。実際に作成してみた感想やオススメのポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

ナスビ
フルフラット・ハードカバーのフォトブックの中では最安値級のフォトブックです!

ビスタプリントのフォトブックのスペック表

編集環境

  • PC Web編集
  • PC 専用ソフト
  • スマホ Web編集
  • スマホ アプリ
サイズ

  • A3スクエア
  • A4タテ
  • A4ヨコ
  • A4スクエア
  • A5タテ
印刷・製本
  • 4色印刷
  • ハードカバー
  • フラットに開く
編集機能
  • 自由レイアウト
  • テンプレートによるレイアウト
  • デザイン表紙
    ※1
  • フォント自由
    ※2
  • 写真補正できる
    ※2
  • 自動配置できる

※1:スマホアプリのみ
※2:パソコンの専用ソフトのみ

ビスタプリントの一番のオススメポイントは、品質に対してのコストパフォーマンスです!フラットに開くハードカバー製本のフォトブックの中では抜群のコストパフォーマンス。ハードカバー、フルフラットのフォトブックを安く作りたい方に特におすすめのフォトブックです。
編集環境はパソコンのオンライン編集、専用ソフト、スマホのオンライン編集、スマホアプリと充実。パソコンの専用ソフトでは自由にレイアウト・デザインを編集することが可能です。簡単・手軽に作成したい方から、じっくりとことん作り込みたい方まで幅広いニーズに対応しています。どの編集環境でも非常に使いやすいエディターが用意されているので、初めてフォトブックを作る方にもおすすめです!

 

ビスタプリントはこんな方にオススメ

  • ハードカバー・フラット製本のフォトブックを作りたい方
  • 品質の高いフォトブックを安く作りたい方
  • 自分の思い通りに自由にデザイン・レイアウトしたい方
  • できるだけ多くの写真を収めたい方
  • スマホを使って高品質のフォトブックを作りたい方

ハードカバー・フラット製本のフォトブックを作りたい方

ビスタプリントのフォトブックは全てハードカバー、180度フラットに開く合紙製本になります。しっかりした製本のフォトブックは完成して手に取った時の満足度が違いますので、大切な思い出をフォトブックにするならハードカバー・フラット製本がおすすめです。

品質の高いフォトブックを安く作りたい方

各社のフォトブックをハードカバー、フラット製本、同等のページ数という条件で比較すると、どのサイズでもビスタプリントのフォトブックが最安値級の価格です。価格の比較についてはこちらをご覧ください。品質の高いフォトブックをなるべく価格をおさえて作りたい方におすすめです。

自分の思い通りに自由にデザイン・レイアウトしたい方

ビスタプリントのパソコン用専用ソフトでは、自由なレイアウトが可能です。写真やテキストを自由に配置したり、写真の色を補正したり、写真を色々な形に切り抜いたり、イラスト素材などを自由に配置したり…自分の思い通りのデザインを作ることができます。また、パソコンにインストールされている全てのフォントを使えます。時間がかかっても自分の思い通りのデザインのフォトブックを作りたいという方におすすめです。

できるだけ多くの写真を収めたい方

たくさん写真を撮る方は、1冊のフォトブックにできるだけ多くの写真を盛り込みたいという場合もあるでしょう。パソコン で編集した場合は写真の配置枚数に制限がないので1ページに何枚でも写真を配置することができます。スマホでも最大1ページに9枚の写真を配置できます。
写真があまりにも小さくならないように、実際に印刷される大きさには注意してください。

スマホを使って高品質のフォトブックを作りたい方

ビスタプリントではスマホからでもハードカバー、フラット製本のフォトブックを作ることができます。スマホではレイアウトのパターンには制限がありますが、それ以外はパソコンから作るのと同じ品質のフォトブックが作成できます。
特にスマホアプリでは、アプリだけに用意されたデザインテンプレートが利用できますのでおすすめです。20種類ほどの表紙デザインの中からお好みのものを選択すると、それに合わせて本文ページに背景デザインが適用されます。

 

ビスタプリントの特徴

ビスタプリントのフォトブックの特徴を紹介します。

フルフラット・ハードカバーのフォトブックが安く作れる!

ビスタプリントのフォトブックは、他社と比較して高品質のフォトブックが安く作成できるというコストパフォーマンスの良さが特徴です。上記の画像はフルフラット・ハードカバー、同等のページ数で比較した場合の各社のフォトブックの価格を比較したものです。どのサイズでもビスタプリントのフォトブックがお得であるか分かっていただけるかと思います。

 

180度フラットに開くので見やすい

ビスタプリントのフォトブックは、全てのサイズで180度フラットに開く「合紙(ごうし)製本」という製本方式を採用しています。フォトブックを開くときに中央の綴じた部分まで完全に開ききることができるので、ページを手でおさえておく必要がありません。例えば家族数人でフォトブックを見る時など、ページが平面に開いていればどの方向からでもページ全体を見ることができます。また、ノドの部分が隠れないこの製本方式なら、ページをまたぐレイアウトも可能になるので、レイアウトの幅が広がるというメリットもあります。

 

落ち着いた半光沢の仕上がり

本文ページの用紙は光沢感をおさえた「半光沢マット紙」が使われています。光の反射が少なくなるため、やわらかく落ち着いた印象になります
一般的に、光沢紙は発色は良いが指紋がつきやすい、マット紙は指紋がつきにくいが発色が劣るというメリット・デメリットがあります。「半光沢マット紙」はその両方のいいとこ取りで、指紋がつきにくく、それでいて発色の良さも兼ね備えた用紙です。

ナスビ
半光沢マット紙は落ち着いた柔らかい印象になるので、子どもや赤ちゃんの写真との相性もいいです!

 

編集環境の選択肢が多い

ビスタプリントの編集環境はパソコンのオンライン編集、専用ソフト、スマホのオンライン編集、スマホアプリと4種類あり、どの環境の編集エディタも非常に使いやすい印象です。
とことん自分の思い通りに作りたい方はパソコンの専用ソフト、手早く作りたい方はパソコンのオンライン編集、写真をスマホで管理されている方はスマホアプリと使い分けるのがおすすめ
それぞれの編集環境で備わっている機能が異なるので、自分の欲しい機能があるか確認してから進めてください。

 

ビスタプリントのフォトブック一覧

種類 スクエアXL 縦長L 横長L スクエアL 縦長M
サイズ(WxH) A3スクエア
300x300mm
A4タテ
210×280mm
A4ヨコ
280×210mm
A4スクエア
210×210mm
A5タテ
150×200mm
価格(税抜) 24P 7,980円 〜 24P 4,480円 〜 24P 4,480円 〜 24P 3,980円 〜 24P 3,480円 〜
ページ数 24~120P
※2ページ毎に追加可
追加ページ価格(税抜) 340円(2P毎) 270円(2P毎) 210円(2P毎)
印刷 4色印刷
製本 合紙製本(見開きフラット)
作成環境 パソコン(ウェブ・専用ソフト)
スマホ(ウェブ)
スマホ(アプリ) スマホ(アプリ) スマホ(アプリ)
配置可能枚数 制限なし
※スマホアプリでは1P9枚
送料 無料
※通常600円のところ2,500円以上は配送無料のため
その他特徴 半透明ケース付き

 

ビスタプリントの作成レポート

七五三のフォトブックを作成

出張撮影サービスのfotowa(フォトワ)で撮影した七五三の写真を使って、スクエアLサイズのフォトブックを作成しました。

 

ビスタプリントの編集方法

ビスタプリントの編集環境にはパソコンのオンライン編集、専用ソフト、スマホのオンライン編集、スマホアプリと4種類あります。それぞれの環境で編集機能が異なっているので、ご自分に合った編集環境がどれか下記の表で確認してみてください。

ナスビ
自由にレイアウトしたい方はパソコンの専用ソフト、手早く作りたい方はパソコンのオンライン編集、写真をスマホで管理されている方はスマホアプリと使い分けるのがおすすめ!
パソコン(専用ソフト) パソコン(ウェブブラウザ) スマホ(ウェブブラウザ) スマホ(アプリ)
テンプレートによるレイアウト
自由レイアウト × ×
デザインテンプレート × × ×
※本文ページは表紙デザインと連動した背景パターン
写真配置枚数 制限なし 1P最大9枚まで
※スクエアLの場合
写真の補正
(白黒・セピアのみ)

(白黒・セピアのみ)
×
自動レイアウト ×
テキストの自由配置 ×
フォント インストールされているフォント全て 26種類 26種類 6種類
クリップアート × ×
フレーム × ×
マスク × ×

パソコンのオンライン編集から作成したフォトブックを、スマホのオンライン編集で編集することは可能です。一方、パソコンの専用ソフト、スマホのアプリはそれぞれのデバイスにデータが保存されるため、別の環境で編集し直すということはできません。

編集環境

パソコン(専用ソフト) パソコン(ウェブブラウザ) スマホ(ウェブブラウザ) スマホ(アプリ)
スクエアXL(A3スクエア)
全て対応

全て対応

全て対応
×
縦長L(A4タテ)
横長L(A4ヨコ) ×
スクエアL(A4スクエア)
縦長M(A5タテ)

2020年10月現在、スマホのアプリから作成できるのはA4タテ、A4スクエア、A5タテの3種類です。
その他の環境からは全てのサイズが作成できます。